[決定版]ビタミン不足は肥満まっしぐら

ビタミン 種類 ダイエット

avatar

トレ女

ビタミン摂った方がいいって聞くけど種類たくさんあるんだね。
飲むのはビタミンC?
サプリ飲んだらいいの?

ビタミンはしっかり摂りましょう
現代人の一番不足しやすい栄養素です。
しっかり摂ることでダイエットも上手くいきますよ

avatar

KT

現代人が一番不足しているビタミン群。
ビタミンが不足することで様々な体調の不調が起こります。
ビタミンは、減量や筋肉をつけるのはもちろんのこと、美容や体調維持にも必要となってきます。
今回は、最低限知ってて得するビタミンの知識と必要性を説明していきます。

この記事ではダイエット、筋トレ、美容、健康改善つまり全ての方に
・ビタミンの役割
・ビタミンの種類と必要性
が誰でもわかるように書かれています。

1.ビタミンの働き

①五大栄養素のひとつ

当然ながらビタミンは必要な栄養素の1つです。
ビタミンは体内で作ることが出来ない為、食事などから摂取する必要があります。
このビタミンが足りないことで体内の代謝機能を衰えさせ、様々な不調を起こす原因となります。

②ビタミンの重要性

三大栄養素と違い、ビタミン単体ではエネルギーを作ることは出来ません。
その代わり、ビタミンの働きは補酵素として体内の様々な働きをスムーズにいくようサポートする役割があります。
エネルギー生成、タンパク質合成、脂肪燃焼、抗酸化・免疫力向上といった体内の全ての働きを助ける役割がある為、ビタミンが不足することでボディメイクも日々の暮らしにも不具合が生じてしまいます。

③美容効果大

後に説明もありますが、美肌に大切なコラーゲンの吸収、生成やシミなどを防ぐ抗酸化作用にも必要となります。
よく耳にするビタミンBやC、Eは特にアンチエイジング働きをしてくれます。

2.ビタミンの種類

①水溶性ビタミン

水溶性ビタミンにはビタミンB群やCなどが該当します。
水溶性ビタミンは水に溶けやすく、血液内に取り込まれなかった分は尿として排出されます。
水に溶けやすい分、一度に多く摂るよりはこまめに摂る習慣を作りましょう。
また、熱にも弱いので熱を加えたり茹でたりする調理方法の場合、ビタミンが壊れてしまい、十分に摂取出来なくなります。
サラダや茹でた汁をそのまま使うスープ、フルーツなどから摂るようにしましょう。

②脂溶性ビタミン

脂溶性ビタミンにはビタミンAやD、E、Kが該当します。
脂溶性ビタミンは脂質に溶けやすく、脂肪内や肝臓で蓄えられます。水溶性よりも多く、そして長く蓄えられる為、過剰摂取・過剰蓄積による副作用に気をつけなければいけません。
熱にも強いので、良質な脂と一緒に摂取するようにしましょう。

3.ビタミン一覧

①ボディメイクにはビタミンB群

筋トレ時に促進したいタンパク質合成(筋肉を作る)、その為にタンパク質を多く食べるようになっていると思いますが、その時にサポートするのがビタミンB群(B1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン)です。
また、脂肪燃焼のサポートにもビタミンB群が役立ちます。
豚肉や魚介類にも多く含まれているので、タンパク質摂取の食材としても選択するのをオススメします。
ビタミンB群単体でのサプリメントはを自分の食生活に合わせて活用するのも有効です。

②美容・アンチエイジングにはビタミンC

トレーニングや疲労、寝不足などにより体は酸化します。(ここでは疲労が溜まり老いると思いましょう)その酸化を防ぎ、免疫を上げる為にビタミンCが働きます。
女性が気になる美容にも有効なので、多く含まれる酸味の強いフルーツを摂取するようにしましょう。
ビタミンC単体でのサプリメントの活用もオススメです。

③脂溶性ビタミンの過剰摂取に注意

前述したように、脂溶性ビタミンは体内に長く(約48時間)蓄積されます。
過剰摂取による症状として、頭痛や吐き気、倦怠感、下痢などを引き起こすことがあります。
また、ビタミンDの過剰摂取により、尿管結石を引き起こすこともあります。
妊娠中は胎児への影響を考え、ビタミンAが多く含まれる食材は避けるように言われていますので、お医者さんともよく相談するようにしてください。
ビタミンEに関しては、目立つ副作用はあまり言われていませんが、良質とはいえ、脂質の多い食材にも多く含まれているので必要以上に摂りすぎるのにも注意が必要です。
基本的に脂溶性ビタミン郡は日々の食事から1日に必要な量は摂取出来るといわれています。
極端な偏食でない限り、過度にサプリメントなどから摂る必要もありません。

まとめ

ビタミンの種類やダイエット、ボディメイクへの必要性はわかりましたか?
また、最近ではより吸収を良くする為にビタミン注射や点滴を行っている美容施設も増えてきました。
水溶性ビタミンは血液に吸収される分、直接血管に取り込むのは有効です。
食事からしっかり摂取しつつ、時にはサプリなども上手く活用してビタミン不足にならないようにしましょう。

※参考サイト:アリナミン/ビタミン一覧

関連記事

  1. ジム オススメ 筋トレ

    【2020年】夏までに−5Kg!3つの質問に答えるだけで自分に合ったジムが選べる選択術

  2. タンパク質 種類 オススメ

    [完全版]間違いなく痩せる!ダイエット時に摂るべきタンパク質ベスト5

  3. ケトジェニック ケトン体 方法 やり方

    [初心者必見]初めてのケトジェニックで即効ダイエット

  4. 心拍数 ランニング 有酸素

    [最短減量]心拍数を測ると体重は落ちる

  5. ストレッチ マッサージ 違い

    [あなたはわかりますか?]ストレッチとマッサージの違いがわからないと疲れが取れない理由

  6. コンビニ ダイエット

    [痩せた人続出]コンビニランチで体を変える!今すぐ実行5種類ローテーション